基本設計編 その2: ファーストプラン

comoran夫妻のくどい要望書を基にプランの作成を行うことになった「森の事務所」。

…前回の記事を書く際に思いましたが、

過去の要望書読み直すのって

自分の無知と欲望が透けて見えて恥ずかしくなりますね笑

これはきっと注文住宅あるある…(´Д` )笑


スポンサーリンク
レクタングル広告大

ファーストプラン

くどい要望書から再度重要なポイントを洗い出すと

  1. キッチン作りに力を入れたい
  2. 建ぺい率の低い土地を有効活用したい

になります。

では森の事務所のファーストプラン、見てみます。

スクリーンショット 2017-06-02 22.46.33.png

スクリーンショット 2017-05-31 19.41.46
ファーストプラン1F

LDKで中庭を囲むL字型のプランになっています。

なぜL字なのか?

これは周辺の環境から導き出されています。

前々回の記事にもかきましたが、周辺図はこんな感じになっています。

図2

南にある2F建てのアパートは、道路から離れた位置に建っています。

おかげでうちの家との距離は20メートル近くあり、この方角からは真冬の1Fでも良い日当たりが望めます。

ここに着目し、そちらの方角の表面積を大きくとるためにL字型になっています。

L字型は周辺環境から導き出された、comoranの土地にとって合理的な形。

森の事務所、素晴らしい提案です(^ω^)

次に間取りを見てみます。

間取り一番のポイントは中庭を望める、もっとも気持ちの良い場所に位置するアイランドキッチン

キッチンはLDKの中心となり、リビングからもダイニングからもコミュニケーションが取りやすそうです。

そう、「キッチン作りに力を入れたいっ」というcomoran夫妻の要望は、ただキッチンにお金をかけたい、ということではない(迫真

リビングとダイニング、どこにいても家族とコミュニケーションの取れるキッチン。

楽しく料理をする妻。

そこに集まる家族。

キッチンに立っている妻にみんなが集まる。

ただお金をかけるというだけではない、キッチンを中心とした家作り

この点を森の事務所は非常によく分かってくれていました (^ω^ )

※キッチンの仕様はまだ何も決まってないので結局お金はかかるかもしれないけど…それはまた今後の話笑

出してくれたファーストプランは平面図だけでなく、SketchUpの3Dモデルも用意してくれていました。

※余談になりますが、ファーストプランからSketchUpを用意してくれるのはすごいと思います。他の設計事務所さんだと普通?

スクリーンショット 2017-06-02 22.28.44

キッチンに立った位置からの景色のモデルがこちら。

塀で取り囲むことで完全にプライベートで使える中庭。広さは12畳ほどあり、とても使い勝手が良さそう。

キャンプが好きなcomoranはきっとここでBBQをやるでしょう。

(でも昨今事件もありましたし、怖いですよね…

さらに中庭とは別の、お風呂にも独立したバスコート(坪庭)。

WS000206.JPG
松本直子建築設計事務所

こんな感じの緑の木漏れる明るいバスルームを想像するとお風呂に入るのが楽しみになりそう。

さて次は2Fを見てみましょう…。

スクリーンショット 2017-06-02 22.11.04
ファーストプラン2F

ん?あれ?

子供部屋でかっ!!

要望書では子供部屋は4.5畳以下にしたいと書いていましたが、プランでは8.5畳と5.5畳。

5.5畳はともかく、8.5畳の子供部屋…

「将来娘にグランドピアノを買ってあげたい」

そんなつもりでもないと8.5畳の子供部屋を用意する気には…笑

ホールに勉強スペースがあること、ロフト、大きいウォークインクローゼットは魅力です。

しかし個別の部屋は小さくしたいという希望が強かったので、2Fに関しては大きく作り直す必要がありそうです。


ファーストプランをふりかえって

細かく言えば、これ以外にも希望に沿っていないところ変更したいところ、いくつかありました。

しかしそれらは些細な内容。

直していけばきっと素敵な家になる。

それぐらい、この計画の肝と言える部分、中庭とキッチンが気に入りました。

ファーストプランで修正を要望した内容です。

  •  屋根裏へは固定階段がいい
  •  2階に独立洗面が欲しい
  •  敷地の西側東側が広いので、もっと活かせれると嬉しい
    (玄関を西入りにしてアプローチにできないか?)
  •  独立の脱衣室が欲しい
  •  玄関の横幅があると嬉しい(2人同時に靴の脱ぎ履きができるくらい)

特にcomoranが気になったのは敷地の東西。

風致地区は隣地からも1メートルと結構な距離を後退する必要があります。

土地は長方形で、長辺が隣地なので、1メートルの後退は大きな面積。

かなりもったいなく感じます。

北入り玄関を西入り玄関にし、素敵なアプローチを作れれば1メートルの隣地後退を無駄なく使えそうです。


妻「うちの家、素敵やなぁ」

私「やなぁ(良かった」

…この少し前、第一候補として考えていたハウスメーカーのオープンハウスに行っていたのですが、そちらがあまりにどノーマルで普通の家だったもので妻のテンションはだだ下がり…この時のふたりは家作りに不安を抱えていました(-ω-)

そんな中、森の事務所から提案された、キッチンと中庭の家。

家作りに大きな希望を与えてくれました。

家作りでもっとも良い情報収集。それは本でもパンフレットでもなく、施主のブログです。家作り必見のブログはこちら


スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする