住宅ローンも相見積もりすれば下がる

こんにちはcomoranです。

comoranは融資元を選ぶ際、複数の銀行で相見積もりを取りました。

住宅ローンは1つ審査が通ったらそのまま契約!という方が多いようですが、出来ればここで一手間かけると良いです。

家の相見積もりはみなさん行います。しかし住宅ローンの相見積もりをする方は少ないようです。

A銀行からローン条件をもらったら、その条件をB銀行に持っていって

これより良い条件で融資できますか?

と聞きましょう。

良い条件が出てきたらA銀行に更に良い条件にできないか聞きます。

これをどちらかがギブアップするまで繰り返します。

スポンサーリンク
レクタングル広告大

銀行はお金を貸したい

年収や勤務先にもよるかもしれませんが、銀行も商売なので、出来れば貸して儲けたいです。

住宅ローンは個人融資の中でも単価が高く、かつ法人に貸すより審査が簡単なので、金融機関にとってもやりやすい商品です。

契約が欲しいはずです。

ひとつでも審査が通っているなら、遠慮する必要はありません。強気にお願いしてみましょう。

もちろん、単純に「利率を下げてくれ」といってもダメです。必ず「A銀行さんでは○○の条件でしたが、これより良い条件出せますか?」と根拠を出します。

注意点としては、地銀や信用金庫など小さめの金融機関でしか交渉には乗ってくれないかもしれません。

comoranの体験談ですが、メガバンはあまり交渉に乗ってくれませんでした。ネット銀行は審査してませんが、まず交渉は乗ってくれないと思います。

HPの最優遇金利よりも下がる

comoranは何度も銀行とやり取りし、最終的に地銀にしました。HPに載っている最優遇金利よりも利率が低いです。金利、保証料、手数料、団信など含めて考慮すると、未だにこれより良い条件の金融機関は見たことないです。

住宅ローンでかかるお金はバカにならないので、融資元の選定は力を入れるべきです。

ここで頑張っておくと、後の減額調整でどうしても入れたかった設備を諦めることもなくなるかも!?


スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする